北海道を楽しむ2泊3日の旅行モデルコース!名所をチェックしつつ穴場でのんびり札幌小樽観光♪

目次

意外と近い!北海道

こんにちは。札幌でジンギスカン専門店を営む生ラム本舗です。

北海道と言えば人気旅行先ランキング1位に輝く魅力あふれる土地。

でもちょっと気軽に行ける距離じゃないなあ、と思われがちですが意外と身近。

東京北海道間は1時間40分ほどのフライトで着いちゃいます。

そんな北海道ですが、グルメも観光も名所・穴場がたくさん。

今回は2泊3日で札幌とその近郊を楽しみ尽くすモデルコースをご提案します!

穴場も名所も楽しみ尽くそう!
北海道旅行プラン

今回は札幌近郊と道央を巡るプランをご紹介します!

札幌から小樽方面へ向かう2泊3日のコースです♪

Day1
札幌を楽しもう

10:30 新千歳空港に到着

朝早めに家を出て、午前中には新千歳空港に到着。

ランチ時に札幌に着けるよう、早速快速エアポートの改札に向かいましょう。

札幌行きに乗り込めば約50分ほどで北海道の中心地・札幌に到着します。

新千歳空港ー札幌 快速エアポート約48分 1,150円

12:00 札幌でランチ

札幌駅周辺で予約したホテルに荷物を置いて、早速ランチに出かけましょう。

札幌で食べたいランチといえばやっぱりスープカレー。

美味しい海鮮もありますが、明日小樽方面に行くのでせっかくなら小樽でいただきましょう。

スープカレーとは、スパイスの効いたスープにたっぷりの野菜と大ぶりなお肉が入っているお料理で、ライスと一緒に食べる札幌の名物です。

一言にスープカレーと言ってもさっぱりしたものから濃厚なもの、具材も多種多様でお店ごとに個性が際立っています。

辛さが選べるお店も多いので、辛いものが苦手な人も調整できるのがいいですね。
もちろん得意な人はその辛みに酔いしれてください!

今回は筆者おすすめのお店をいくつかご紹介しますね!

スープカリーヒリヒリ2号

札幌駅ほど近くのお店であるスープカリーヒリヒリ2号。

ヒリヒリというだけあって、辛さを増せば増すほど味わい深さも増していくのが特徴。

また、比較的価格が良心的なのもポイントでしょう。

スープはコッテリとあっさりが共存するバランスのいいお味。

人気ナンバーワンである骨チキチキンカレーはスプーンで食べることができるほどほろほろ。

スパイスの香りが爽やかな一杯です。

店舗情報

店名 スープカリーヒリヒリ2号
住所 札幌市北区北6条西6-1-1 WEST6
電話番号 050-5570-9451
定休日 年中無休

スープカリーキング

野菜チキンカリー

濃厚スープが好きなら絶対ここ。

まろやかでコク深いスープの秘密は「鶏ガラ」と「和風だし」のWスープ。

白濁したスープは見るからにクリーミーで、実際に口に運ぶと実際まろやか、かつしっかり辛い。

お店が多く立ち並ぶ札幌ですが、ちょっと珍しいタイプのスープであると言えるでしょう。

筆者は辛いものが好きなのでがっつり辛くして食べますが、辛み控えめにすればほっこりと体温まるスパイススープになるのではないでしょうか。

癖のない動物性のまろやかさが癖になります。

スープでありながらがっつり「食べた!」という気分にさせてくれるスープカレーです。

店舗情報

店名 スープカリーキングセントラル店
住所 札幌市北区北6条西6-1-1 WEST6
電話番号 050-5570-9451
定休日 年中無休

アジャンタ

とりなすかりぃ

札幌駅からは少し離れますが、どうしてもおすすめしたいのがこちら。

スープカレーの元祖とも言われ、薬膳スパイスで味付けしたスープを発案・提供したのはここアジャンタが初めてだと言われています。

「薬膳カリィ」と銘打つ当時から変わらないその味は複雑でありつつシンプル。

使用するスパイスは30種類、漢方は15種類。

最高のバランスで組み合わされたスパイスが引き立てるのは鶏の旨味。

余計なものは入れない、あっさりしつつ味わい深い美味しいスープカレーがいただけます。

辛さは選べず、卓上のスパイスで調整するスタイルですので、辛さが得意な人も苦手な人も楽しめますよ。

店舗情報

店名 アジャンタ総本家
住所 札幌市東区北23条東20丁目2-18
電話番号 011-784-8910
定休日 年末年始

13:00 大通公園へ出発

お腹が満たされたら大通公園に向かって歩き出しましょう。

地下鉄も通っていますが、徒歩でもおおよそ13分の距離。

道の途中には見どころもありますので、天気が良ければ歩いたほうが絶対楽しい!

札幌は碁盤の目になっており、東西南北まっすぐに道が伸びています。

札幌駅南口から真っ直ぐ南に進むと大通公園に到着しますが、ちょっと寄り道していきましょう。

赤れんが庁舎

南下していくと赤煉瓦の道が視界に入ります。

赤れんがテラス前の憩いの場なのですが、その先に見えるのが赤れんが庁舎こと北海道庁旧本庁舎

現在北海道庁は新庁舎に移っていますが、こちらはそれ以前の80年間北海道庁としての役割を果たしてきた歴史ある建物です。

春は花がたくさん咲いていてとても綺麗ですよ。

記念写真にもぴったりなスポットです。

内部は無料で開放されており、北海道の歴史を知ることができる展示を閲覧することができます。

札幌駅ー赤れんが庁舎 徒歩6分

札幌市時計台

三大がっかり観光地などと悪名高い札幌市時計台。歩いていると木の影から突然現れます。

確かに大きな時計台を想像していると「え?これ?」と思ってしまうかもしれないサイズ感ですが、その歴史的価値は大きなもの。

札幌の歴史には必ず登場するクラーク博士。時計台の建設にも関わっています。

明治維新後、北海道の開拓が本格化しました。その後現北海道大学である札幌農学校がクラーク博士により開校されました。

明治政府は兵農一如の考えのもと屯田兵村を置いたのですが、クラーク博士は自身の母校に倣い開校した農学校の生徒に兵式訓練の授業を導入、演武場を建設しました。

その演武場には時計塔がなかったため、時計塔の設置が決まりました。この演舞場が現在の札幌時計台です。

もっと詳しい歴史は内部の展示でご覧ください。大人なら200円で入場することができますよ。

外装もレトロモダンな感じで可愛いです。ぜひ記念写真を撮りましょう!

赤れんが庁舎ー札幌時計台 徒歩7分

13:30 大通公園で観光

春夏は綺麗な花や緑が溢れ、冬は雪まつりが開催される大通公園。

夏場は焼きとうきび(焼きとうもろこし)のワゴンが出ていたり、季節によってビアガーデン、オータムフェストなどのイベントが開催されていたりと、歩くだけでも楽しいですよ。

ぜひ旅行予定日が何かのイベントに重なっていないか調べてみてくださいね。

テレビ塔に登るのも◎。

昼間も夜も真っ直ぐ伸びる大通公園を一望できるのでぜひ記念に登ってみましょう。

札幌時計台ー大通公園 徒歩3分

14:30 狸小路を散策

テレビ党の後ろには創成川という川が流れており、川沿いを歩けるようになっています。

散歩がてらその道を南下していくと、アートなオブジェと二条市場、その向かいに狸小路入り口のゲートが見えます。

二条市場の威勢のいい声を聞きつつ狸小路のゲートを潜ると、商店街のような賑やかさ。

目移りするほどの飲食店の数々やお土産物屋さんがたくさん。

食べ歩きをしたり、お店で休憩したりするのもいいでしょう。

大通公園ー狸小路 徒歩6分

15:30 すすきの交差点へ

狸小路は場所に応じて1丁目、2丁目…と続くのですが、3丁目と4丁目の間に地下へ降りる階段があります。

そこを降りてもいいですし、それを目印に道を曲がってもいいのですが、南下していくとすすきの交差点に到着します。

札幌旅行を検討したことのある方は1度は見たことがあるであろう光景がそのまま目の前に広がります。

ぜひ写真を撮った上で、どこか気になる飲食店に入ってみるのもいいかもしれません。

この時間に開いているお店をご紹介します。

狸小路ーすすきの交差点 徒歩7分

立ち飲み徳饅

文字通り立ち飲み屋…と見せかけてきっちり椅子が用意してある小さめなお店。

現在の店名はスパイス料理TOKU4.3店ですが、検索しやすいのは上記の蜂起なのでこちらでご紹介します。

カウンター席とテーブル席合わせても10数席しかありませんが、ひしめかんばかりのサッカーグッズ!

札幌のJ1サッカーチーム・北海道コンサドーレ札幌を応援しているお店です。

カウンター上にあるボードにはずらりと並んだ「本日のおすすめ」!

これがメインメニューじゃないの?というくらいの品揃えです。

北海道限定ビールであるクラシックで乾杯!店主・ゆっきぃさんの美味しい料理をぜひいただいてみてくださいね。

トンテキをいただいた際、ソースがカレーのようなスパイシーさで驚きました。それがまた美味しい!

ぜひスパイスの効いた料理を注文してみてください。

最近は平日15時オープンですが、最新情報はお店のTwitterで配信しています。

店舗情報

店名 立ち飲み徳饅(スパイス料理TOKU4.3店)
住所 札幌市中央区南四条西3-6-2 キタコーS4ビル 1F
電話番号 011-207-1001
定休日 水曜日

17:00 夕飯はジンギスカン!

軽く飲んで気持ち良くなった後、しっかりとしたご飯を食べて夜に備えましょう。

せっかくなら食べておきたいジンギスカン。ぜひ当店生ラム本舗をお勧めさせてください!

すすきの駅ー澄川駅 地下鉄南北線真駒内行き10分

生ラム本舗札幌澄川店

当店は澄川駅より徒歩3分で到着する駅近なお店。

緑の車両である地下鉄南北線真駒内行きに乗り込み約10分。澄川駅に到着します。

ここで食べられるのは多種多様なジンギスカン。

生ラム(ショルダー)上生ラム(肩ロース)といったスタンダードな部位に加え、あっさり食感濃厚な旨味のマトンロースや好みのスパイスで厚切りのお肉をいただける厚切りソルトラム、ジューシーで食べ応えのある骨つき肉のラムボーン、ラムでできたラムハンバーグにびっくりするほど大きいラムフランクなど、さまざまな食べ方でラム肉を楽しむことができます。

ジンギスカンって食べづらそう…とお思いかもしれませんが、当店のラム肉は柔らかジューシーで嫌な匂いはありません。

新鮮なチルド肉を使用しているのでレア気味で食べるのがおすすめ。焼きすぎると硬くなりやすいのがラム肉なのでそこだけは注意しましょう。

タレもオリジナルのあっさり醤油タレで他にない美味しさ。

ご飯にもお酒にも合う美味しさです。

デザートに北海道牛乳を使用した、ミルク感濃厚で美味しいソフトクリームもあるので合わせてぜひお召し上がりください。

どのお店でもそうですが、ジンギスカンは服に匂いがつきやすい食べ物です。

その後や翌日以降の予定を考え、消臭剤スプレーを用意しておくと安心して移動できますね。

店舗情報

店名 生ラム本舗札幌澄川店
住所 札幌市南区澄川4条2丁目10−19
電話番号 011-598-0293
定休日 月曜日

19:00 夜景スポット藻岩山へ

せっかく札幌、南区に来たなら絶対見ておくべきなのが藻岩山の夜景。

タクシーで10分程度の距離なのでちょっと贅沢して乗っちゃいましょう!

季節によって夜景が見えるタイミングは異なりますが、おおよそ19時前後であれば見ることができます。

ロープウェイの上り最終は21:30ですので余裕を持っていくといいでしょう。

藻岩山からの夜景は日本新三大夜景に数えられる美しいもの。

標高531mから望む大パノラマ。キラキラ輝く札幌の街を見渡すことができます。

生ラム本舗澄川店ー藻岩山ロープウェイ乗り場 タクシー約12分

20:00 背徳のシメパフェ

ロープウェイを降ったらもういちど狸小路に戻りましょう。昼間とはまた違う顔を見せてくれますよ。

移動には札幌市電を使ってみましょう。

札幌の街を走る路面電車で、路面電車は日本に22路線しかありません。せっかくなら乗ってみるのも観光のうち。

Suicaも使えるので気軽に乗車してみてくださいね

環状線状にぐるぐる回るので、どちらに乗っても到着しますがより近いのは外回り、
すすきの交差点を通過したい場合は内回りがお勧めです。

ロープウェイ入口駅ー狸小路 外回り約25分 200円

無事狸小路に着いたら札幌の新文化・シメパフェをいただいちゃいましょう。

シメパフェとはその名の通り、お酒の締めにパフェを食べること。

パフェの専門店が夜に開いているのです!

シメというにはちょっと時間が開いていますが、せっかくなら楽しんだもの勝ち。

おすすめのお店をご紹介します!

パフェ、珈琲、酒、佐藤

狸小路1丁目サンクスと山岡家の間の路地の先にあるバー・パフェ、珈琲、酒、佐藤。

白い暖簾を潜るとカウンター席、テーブル席が並ぶ和風モダンな店内。人気店なので賑わいがあります。

そこで食べられるパフェは「塩キャラメルとピスタチオ」や「豆と梅、ほうじ茶」など甘さ控えめで大人っぽいお味のものが多め。

塩みや、苦味、香りなどがバランスよく楽しめるパフェが多いため、甘すぎるかも?重いかも?という心配はありません。

ちょっと飲み足りないかも、という方にもビールやワイン、日本酒や焼酎などもいただけます。

酒の肴には生チョコレートやミックスナッツなど、お酒との組み合わせを楽しめる品揃え。

まだお腹に余裕がありすぎる!という人にはカレーやチーズトーストといったしっかりめのご飯メニューも。

お酒を飲んだ後の「もうちょっと」を満たしてくれるお店です。

店舗情報

店名 パフェ、珈琲、酒、佐藤
住所 札幌市中央区南2条西1-6-1 第3広和ビル 1F
電話番号 011-233-3007
定休日 月曜日

22:00 ホテルへ

明日に備えてホテルに戻りましょう。

たくさん歩いたので体をしっかり休ませましょう。

すすきの駅ーさっぽろ駅 札幌市営地下鉄南北線麻生行き約3分 210円

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

生ラム本舗のWEB担当です。札幌でジンギスカン屋を初めて6年目になります。
観光客はもちろん知らない、観光ガイドになんて絶対に載らない、札幌市民でも用事がなければ絶対に来ない街、【澄川】と言うローカルな街で、地元民に愛される穴場のジンギスカン店を経営しております。

コメント

コメントする

目次