スタミナ=焼肉はもう古い!夏バテ対策にジンギスカン!その理由とは?栄養面からメリットをチェック!

毎日暑い日が続きますね。

なんだか元気が出なくて食欲がない…食欲がなくて元気がさらに出ない…なんて悪循環に陥っていませんか?

そんな夏バテ気味のあなたにぜひジンギスカンをおすすめさせていただきたいのです!

焼肉特有の暑いところでお肉食べるなんていやだよ〜という声も聞こえてきそうですがちょっと待ってください。

ジンギスカンもとい羊肉は夏バテ対策にピッタリな食べ物なのです。

目次

夏バテ、なんとかしたい!

なんだか体が重くてだるい、頭も痛くてぼーっとするし、全体的に不調で食欲が出ない…毎年暑くなってくるとテンションが下がってしまう方も多いのではないでしょうか。

辛い夏バテはどうして起こるのか、どんな対策ができるのかを順を追って解説していきます。

夏バテはなぜ起こる?

夏バテの大きな要因は、温度差・ミネラル不足・栄養不足の三つです。

原因その1:温度差

暑い屋外から冷房の効いた室内に入ると「天国〜!」なんて思ってしまいますが、体には負担がかかってしまいます。

茹だるような暑さの屋外と冷房がキンキンに効いた室内を1日に何度も行き来すると、自律神経が乱れて吐き気や多汗、頭痛や動悸などのさまざまな症状が起こります。

臓器に影響が及ぶこともあり、内臓の動きが悪くなると疲れが貯まるようになります。

なら冷房が効いて涼しい部屋に長くいればいいんだ!と思われがちですがそうではありません。

ひんやりとした部屋では体が過剰に冷えて血行が悪くなって肩こり・頭痛の原因になったり、内臓の温度が下がって動きが悪くなったりと体の不調に繋がります。

冷たいものを食べすぎることも同じ症状を引き起こします。

原因その2:脱水

また、発汗によるミネラル不足や脱水も原因になり得ます。

人間の体は体重の約6割が水分でできており、これらは体の細胞に栄養素を運んだり、老廃物を運搬して排出したり、汗として体の体温調整を助けたりといった役割を果たしています。

今日はそんなに汗かいてないし…という方もご用心。
脱水が進み過ぎると汗さえかけなくなって体温調整ができず、知らず知らず熱中症になっていることも。

体液は水分とミネラルでできているので水だけでなく少しの塩分も意識して摂っていかなければなりません。

原因その3:栄養不足

暑くて料理する気になれない、できるだけ簡単で涼やかなものを…と思うとついつい素麺などに食事が偏りがちです。

そういった食生活が続くと、疲労回復に必要な栄養素が取れなかったり、エネルギーが不足したりします。

どうしても食欲が出ない、という気持ちをグッと堪えてしっかり栄養を摂らなければなりません。

ではどのような栄養を摂るべきなのでしょうか。

夏バテ対策に効果のある栄養とは?

では食事の面からできる対策を見ていきましょう。

どんな栄養を取れば夏バテを防ぐことができるのでしょうか。

ビタミンB1

ビタミンB1はブドウ糖をエネルギーに変換するために必要です。

このビタミンB1が不足すると、エネルギーの生産がうまくできなくなり、食欲不振や疲労に繋がります。

脚気はこのビタミンB1不足を原因にして起こる病気で、精白米を食べるようになった元禄時代以降に罹患者が急増しました。

また現代でもインスタント食品などを多く食べている方は脚気にかかってしまう方もいるようです。

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質を体内でエネルギーに変える栄養素です。

糖質、タンパク質、脂質の代謝、エネルギー生産のほか、皮膚や髪、爪の再生にも関与するビタミンです。

不足すると皮膚や粘膜の機能が正常に保てなくなり、口内炎、口角炎、舌炎、脂漏性皮膚炎、角膜炎などのリスクが高まります。

タンパク質

タンパク質の役割として、筋肉や皮膚の材料になることは良く知られていますが、ホルモンや酵素、抗体などもその主要な構成成分でもあります。

これが不足すると免疫が低下して抵抗力が弱くなったり、筋肉が弱ったりします。

ホルモンや酵素が不足すると心身ともに不調に陥りがちです。

ビタミンC

ビタミンCは人の体で生成できない栄養素の一つで、食事から摂取する必要があります。

お肌にいいようなイメージのあるビタミンCですが、それはコラーゲンの生成に必須の成分だからそのような印象があるわけです。

過度に不足すると、かつて船乗りが悩まされた血管が脆くなり出血する病気・壊血病になってしまいます。

ビタミンCは鉄分の吸収を助けるため、かいけつびょうには至らずとも不足すると貧血の原因になり、体調不良の原因になります。

クエン酸

クエン酸は疲労回復に役立つことが良く知られていますが、エネルギーを生み出すにも重要な役割を果たします。

まず疲労回復効果ですが、筋肉に溜まる乳酸の濃度を下げてくれる効果が知られています。

筋肉の疲労をスムーズに回復するために積極的に摂取していきたい成分です。

また、摂取した食べ物をエネルギーに変換する上で中心的な働きをします。

また、爽やかな酸味が食欲をそそり、食欲不振の改善に役立つことについても有効な夏バテ対策になるでしょう。

ミネラル

ミネラルは人が生きる上で必要な元素の総称で、酸素、炭素、水素、窒素以外を指します。

体の6割を満たしている体液は水分とこのミネラルから成り立っているので、発汗により水分と共に失われます。

前述の通り栄養素の運搬、老廃物の排出に役立ちますので、水分と共に摂取すべきものです。

どんなものを食べるべき?

ここまで夏バテ対策に摂取すべき栄養素を紹介してきました。

スタミナのつく食べ物といえばうなぎなどが思い浮かぶかと思いますが、ビタミンB群が豊富に含まれています。

しかし当店はジンギスカン専門店。新たなスタミナ食材として羊肉を推奨していきたいと思います!

その根拠を見ていきましょう。

羊肉はヘルシーでビタミンB2が豊富!

ビタモンB2は脂質をエネルギーに変える役割を果たすビタミンでしたが、他のお肉と比較して羊肉に多く含まれています。

ビタミンBといえば豚肉のイメージがありますが、羊肉、特にマトンもも肉には100gあたり0.33mgのビタミンB2が含まれます。

豚肉には0.2mg程度ですのでB2をしっかり摂取したかったら羊肉がおすすめです。

B1については0.6mg前後含まれる豚肉の方が羊肉よりも含有量が多いですが、それでも羊肉の方が牛や鶏より多く含み、加えてカロリー控えめ。

特にマトンは栄養豊富でローカロリーなのでスタイルを維持したい夏にぴったりですね。

ミネラルを摂るなら羊肉!

さて体の健康維持に必要なミネラルですが、代表的なミネラルであるナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛において、他の食品よりもたっぷりと含まれています。

カルシウムを除けばスタミナ食品の代表格・ウナギを凌ぐ含有量。

ナトリウムは体内の水分調整、カリウムは血圧調整、カルシウムは歯や骨の形成維持、マグネシウムは骨の代謝、鉄は血中の酸素運搬、亜鉛は酵素の材料になります。

ミネラルを補給して全身に酸素や栄養を巡らせましょう。

L-カルニチンでエネルギッシュ!

初登場のL-カルニチンですが、夏バテ対策のエネルギー生産において重要なアミノ酸ですのでご紹介します。

脂質はミトコンドリアの中でエネルギーに変わりますが、ミトコンドリアの中に脂質は入れません。

そこでL-カルニチンの出番です。

L-カルニチンは脂質をミトコンドリアの中の運んでくれ、エネルギーの生産において大きな役割を果たします。

そしてこのL-カルニチンは羊肉に多く含まれています。ぜひ効率的にエネルギーを生産するために積極的に羊肉を食べましょう。

その他のワケ

ここまでデータから見る羊肉の効能を述べてきましたが、ここからは筆者主観のおすすめポイントを挙げていこうと思います。

スタミナ野菜をたっぷり食べよう

羊肉料理といえばジンギスカンですが、ジンギスカンといえばたっぷりの野菜。キャベツやもやしに加えてにらや行者ニンニクも入れちゃいましょう。

このスタミナ食材と言われがちなニラやニンニクですが、なぜかというとアリインという成分。

アリインは酵素と反応するとアリシンという香り成分に変わります。

アリシンはビタミンB1の吸収を促進し、糖質がエネルギーに変わるのをサポートします。

ニラやニンニクを焼いて食べられるのは鍋を使用した焼き料理であるジンギスカンならではですよね。

食欲をそそる独特な香り

ジンギスカンといえば独特の香りですが、慣れ親しんだ煙の匂いでついついお腹を空かせてしまう方も多いのでは?

さまざまな食材で夏バテを改善できることはお分かりいただけたかと思いますが、何より大きな壁は食欲がわかないこと、暑い中料理するのが苦痛であることかと思います。

下拵えや洗い物も全てお任せできる外食もよし、暑いキッチンで火を使わなくていいホットプレート調理やお庭バーベキューもよし。

なるべく簡単に楽しく美味しく食事すればぐったりしていた体にエネルギーがみなぎってくること間違いなしですよ。

+αで食欲増進

ジンギスカンのタレといえば甘塩っぱいこってり系のイメージがあるかと思いますが、最近は多種多様。

醤油ベースでも甘さ控えめのさっぱりしたタレや、変わり種で香味の効いた爽やかなタレなどお店のこだわりが見えるポイントです。

どんなタレが好みか色々調べながらお店を選ぶのもいいですね。

また、お店によっては唐辛子フレークなどがトッピングできる場合もあります。

この唐辛子ですが、辛味成分が消化器を刺激し中枢神経の働きを向上させます。

すると消化液の分泌が促進されてスムーズに消化が進み、食欲増進につながるというわけです。

発汗作用があるのも爽やかな気分にさせてくれ、さらにはその辛さが脳にアドレナリンを分泌させます。

癖になってしまえば食欲不振なんて吹っ飛んでしまいますね。

しかしあまりに辛くするとお腹を壊してしまうことがあるので気をつけましょう。

つけダレとしてレモン汁を用意しているお店もあります。

すでに述べたようにレモン汁に含まれるクエン酸には疲労回復・エネルギー生産の役に立ちます。

爽やかなレモンの酸味は食欲増進の助けになりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ジューシーなお肉とレモンの組み合わせは最高ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

焼肉食べてスタミナつけるぞ!というシチュエーションはよくありますが、実は焼肉のメインである牛肉よりもビタミン、ミネラル共に羊肉の方が豊富。

せっかく食べるならジンギスカンを選んでみてはいかがでしょうか。

当店生ラム本舗澄川店では、甘さ控えめなあっさりとしたオリジナルたれが売りのジンギスカン専門店です。

もちろんレモン汁もご提供しているのでさっぱりと召し上がっていただけますよ。

夏バテ対策にぜひ当店のジンギスカンをご検討くださいね。

生ラム本舗をもっと知りたい!

最新情報はSNSをチェック

クチコミ・ご予約はグルメサイトをチェック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

生ラム本舗のWEB担当です。札幌でジンギスカン屋を初めて6年目になります。
観光客はもちろん知らない、観光ガイドになんて絶対に載らない、札幌市民でも用事がなければ絶対に来ない街、【澄川】と言うローカルな街で、地元民に愛される穴場のジンギスカン店を経営しております。

コメント

コメントする

目次