北海道観光なら外せない!札幌で綺麗な夜景が見えるスポット・時間まとめ♪

目次

日本新三大夜景の一つ・札幌

日本新三代夜景をご存知ですか?

かつて高度経済成長期に発信された日本三大夜景。
時代と共に景色は移り変わり、2015年、国内外への発信・普及や夜景観光の活性化を目指し、「日本新三大夜景」が誕生しました。3年に1度の再認定の年である2022年、日本新三大夜景都市が発表されました。

それに選出されたのが、「北九州市」「長崎市」そして「札幌市」だったのです。

これは全国の夜景鑑定士に対するアンケートの結果に基づいたもので、その審美眼は確か。

そういう意味では、札幌は東日本で一番の夜景を鑑賞できる都市なのです。

人気旅行先ランキングで常に上位の北海道。夜景も見なきゃもったいないですよね!

今回の記事では夜景の美しいスポットと時間、夜景の帰りに食べたい札幌グルメを紹介していこうと思います!

札幌で夜景が見られる時間は?

北海道は北国ですので、本州とは日没の時間も若干異なります。

スクロールできます
1月16:20〜
2月17:00〜
3月17:30〜
4月18:10〜
5月18:40〜
6月19:20〜
7月19:20〜
8月18:40〜
9月17:50〜
10月17:00〜
11月16:20〜
12月16:10〜

この時間に現地に到着するようにすればトワイライトタイムを見逃さないであろうという、その月で最も早く見られる時間の目安を掲載しました。

トワイライトタイムとは、日没後15分後から約20分間の時間帯を指し、最も夜景が美しい時間帯だと言われています。

もちろん月初めと月末では日没の時間も前後しますので、目的地の公式サイトを確認してくださいね。

この時間を逃してしまっても真っ暗な空の下輝く札幌の街は息を呑むほど美しいので諦めずぜひ見に行ってみましょう。

夜景が美しいスポットは?

では次に具体的な夜景スポットに移りましょう。

街を一望できるロマンティックなスポットから手軽に楽しめるスポットまでまとめたので、他の観光予定地と合わせて検討してみてくださいね。

藻岩山

札幌の夜景といえば藻岩山と言っても過言ではありません。

特に先ほど紹介した日本新三代夜景に選ばれた札幌の夜景はこの藻岩山からのもの。

藻岩山は札幌市中央区伏見にある標高531mの山で、札幌のほぼ中央に位置し360度見渡すことができます。

その見晴らしの良さはかつてアイヌの人々が見張りに使用していたほど。

山頂であるため、暗闇に浮かぶ圧倒的な夜景を楽しむことができます。

アクセス情報

住所:札幌市中央区伏見5丁目3-7
最寄駅:市電停留場 ロープウェイ入口
アクセス:さっぽろ駅から市営地下鉄南北線ですすきの駅へ!市電に乗り換えロープウェイ入り口まで向かい、無料のシャトルバスでロープウェイ山麓駅で下車、ロープウェイで山頂へ!

付近のグルメ情報

ちょっと市街地から離れている藻岩山ですが、美味しい札幌グルメはこちら!

生ラム本舗

札幌穴場ジンギスカン生ラム本舗ジンギスカンイメージ

澄川にある当店・生ラム本舗です。

生ラム本舗では冷凍でないチルド肉を使用しているため、本物の「生」ラムを味わうことができます。

スライスしたお肉を炭火で熱されたジンギスカン鍋で焼き、特性のオリジナルタレにつけていただきます。

ジンギスカンですが、ジューシーで臭みがなく柔らかいので誰しも食べやすい上質なお肉を使用しています。

初めて食べる方にもおすすめできますが、もし口に合わなかったらどうしよう…という方も塩豚ホルモンやスパイスの効いたラムフランク、ラムチョリソー、ラムハンバーグなど、特有の匂いがないメニューもありますので安心です。

アクセス情報

住所:北海道札幌市南区澄川4条2丁目10-19
最寄駅:地下鉄南北線澄川駅徒歩3分
藻岩山からのアクセス:ロープウェイ入口からバスで7分、幌平橋駅前で下車後幌平橋駅から澄川駅へ
もしくはタクシーで約12分

さっぽろテレビ塔

イルミネーション点灯時

気軽に行ける絶景といえばテレビ塔。
90mの高さから見渡せばまるで札幌市が自分のものになったかのような気持ちにさせられます。

特に大通公園がイルミネーション点灯しているときは、真っ直ぐに続く光の帯が見えなんともロマンティック。

テレビ塔自体もライトアップしているので大通公園を散歩するだけでもロマンチックですが、せっかくならテレビ塔に登ってみてはいかがでしょうか?

アクセス情報

住所:札幌市中央区大通西一丁目
最寄駅:札幌市営地下鉄大通駅27番出口

付近のグルメ情報

街中なので選びきれないほどのグルメがある大通駅。

その中でも選りすぐりのグルメ情報をご紹介します!

SOUP CURRY KING セントラル店

野菜カリー

時間によっては並んでいることもある人気店。

その特徴は白くまろやかそうなスープではないでしょうか。
動物系・魚介系両方のスープをバランスよくブレンドしており、普通のスープカレーとは一味違います。

旨味たっぷりでまろやかであるものの、お好みの辛さに調整すれば爽やかな辛さを感じることができます。

夏は汗をかくことができ、冬は芯から体を暖めてくれる札幌市民のソウルフードを楽しんでくださいね。

アクセス情報

住所:札幌市中央区南2条西3丁目13−4 カタオカビルB1
最寄駅:大通駅12番出口より徒歩4分
さっぽろテレビ塔より徒歩7分

JRタワー展望台

昼でも見晴らしのいいJRタワー展望台ですが、夜になるとその姿は一変。
なんともラグジュアリーな景色に。

テレビ塔は東から西を見るのがベストですが、JRタワー展望台は北から南を見渡す形になります。

繁華街がキラキラと輝いてとても綺麗。
テレビ塔とnORBESAの観覧車が見えるのも札幌ならではの景色という感じがして思い出にも残りそうです。

また、男性の方にぜひ立ち寄ってほしいのがお手洗い。なんとお手洗いが眺望になっており、唯一無二の解放感を味わうことができます。

多目的化粧室も眺望仕様になっているので、体験してみたい女性の方も混雑時でなければ利用してみてくださいね。

アクセス情報

住所:札幌市中央区北5条西2丁目5番地
最寄駅:札幌駅
直結JRタワーイースト6階にて受付

付近のグルメ情報

観光地ランキング上位の北海道、その中心とも言える札幌市の主要駅札幌駅ですので、超有名店が軒を連ねています。

しかしそれは観光ガイドを見れば載っています。
あえて地元民に親しまれるお店をチョイスしました。

ジンギスカン義経

ジンギスカン義経は昭和37年創業で、親子3代に渡って経営している超老舗のジンギスカン店です。

初めてのお客様には焼き方や食べ方を説明してくれるという、初の旅行にも安心なお店です。

当店生ラム本舗は生の肉を焼いて、それをタレにつけて食べる生ラムジンギスカン、札幌式ジンギスカンと呼ばれるものとタレに漬かったお肉を焼いてそのままいただく味付きジンギスカン、滝川式ジンギスカンと呼ばれるものの2種類がありますが、こちらは後者のスタイル。

地元民で溢れかえる人気店なので、予約は必ずしておきましょう。

アクセス情報

住所:札幌市北区北7条西5丁目
最寄駅:札幌駅より徒歩4分

まとめ

今回は札幌市内で夜景を見ることができるスポットと周辺のグルメ情報をご案内しました。

せっかくの旅行、朝から晩までその地の魅力を楽しみ尽くしたい!そんなご要望に絶対夜景は外せません。

ぜひ札幌を楽しみ尽くしてくださいね!

生ラム本舗をもっと知りたい!

最新情報はSNSをチェック

クチコミ・ご予約はグルメサイトをチェック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

生ラム本舗のWEB担当です。札幌でジンギスカン屋を初めて6年目になります。
観光客はもちろん知らない、観光ガイドになんて絶対に載らない、札幌市民でも用事がなければ絶対に来ない街、【澄川】と言うローカルな街で、地元民に愛される穴場のジンギスカン店を経営しております。

コメント

コメントする

目次