ダイエット中だけど焼肉食べたい!そんな時にぴったりなのはラム肉?女性に嬉しい3つの理由

ダイエット中だけど焼肉食べたい!

そんな葛藤を抱える女性は多いはず。

そんな時にはラム肉がおすすめ。

ラム肉がダイエットに効く!とはよく聞くけれど、
実際どうなの?カロリーは?具体的に何がいいの?と思っている方も多いですよね。

今日はそんなラム肉の特徴やカロリー、どんな成分が含まれているのかなど
徹底的にご紹介しちゃいます!

美味しいラム肉をどんどん食べて、キレイになっちゃいましょう!

目次

ラム肉がダイエットに効果的な理由とは?

この記事では

・ラム肉のカロリー
・ラム肉の栄養素
・ジンギスカン鍋の効果

この3点からラム肉がダイエットに効果的な理由をご紹介していきたいと思います!

ラム肉に含まれるカロリーって?

ラム肉はカロリーが低いと言われていますね。

ここで100gあたりの熱量含有量を見てみましょう。

肩肉・・・233kcal
もも肉・・・217kcal
ロース肉・・・227.1kcal

比較のためにその他よく口にするお肉の同様の部位別カロリーもご用意しました。

◆肩肉
豚・・・253.1kcal
牛・・・180kcal

◆もも肉
豚・・・234.9kcal
牛・・・181.9kcal

◆ロース肉
豚・・・327.9kcal
牛・・・262.9kcal

肩ともも肉は牛の方がカロリー低いじゃん!とお思いかもしれませんね。

ただ牛の肩肉やもも肉は脂肪の少ない赤身肉で肉質はやや硬め。

煮込み料理やローストビーフに向きますが、焼肉の定番からは外れますね。

言わずもがなコッテリ食感な豚肉は高カロリー。

しっかりジューシーなお肉が食べたいけどカロリーが…と気になる方にはラム肉がおすすめ。

先ほどご紹介したお肉はどれもジンギスカン屋では定番の部位で、
柔らかく旨味が強くてとってもジューシー。

また、ラム特有の強い香りも

肉を食ってる!

という満足感を高めてくれます。

また、ラム肉に含まれる脂肪は融点が低く、人の体温では溶けづらいのも特徴。

つまり脂肪の吸収も抑えられるという点で、柔らかなお肉を食べても安心という訳ですね。

ラム肉に含まれる女性に嬉しい栄養とは?

ガッツリ食べられるお肉としてラム肉をご紹介しましたが、
栄養面ではどうでしょう?

ダイエットを阻害するような成分が含まれていたら、いくらカロリーが低くてもあまり口にしたくないですよね。

近年L-カルニチンというアミノ酸がダイエットに効果的であると言われています。

◆L-カルニチンとは?
脂肪を筋肉のエネルギーに変えるためには、脂肪を細胞の中にあるミトコンドリアの中で分解する必要があります。
そのミトコンドリアの中に脂肪を入り込ませる手伝いをするのがL-カルニチンです。

この効果から血中中性脂肪やコレステロールを減らす働きも指摘されています。

もちろん分解されなかった脂肪は体に蓄積していくので、どんどん分解させたいですね。

そのL-カルニチンが多く含まれている食材こそラム肉なのです。

こちらはラム肉、豚肉、牛肉を比較したLカルニチン含有量の比較グラフです。

100gあたりラム肉には80mg、豚肉には35mg、牛肉には59.8mg含まれています。

豚肉に至っては倍以上!

効率よくL-カルニチンを取るのに最適ですね。

また、女性に嬉しい成分といえば鉄分。

鉄分補給にはほうれん草!とお思いかもしれませんが、
ラム肉にもしっかりと含まれています。

100gあたりの比較になりますが、

茹でほうれん草・・・0.9mg
焼いたラム肉・・・2.5mg
焼いた牛肉・・・3.3mg

なんとほうれん草の2.7倍!

しっかり食べていきたい食材ですね。

もちろん、いくら食べてもいいという訳ではないので、
きちんとした栄養バランス、適度な量を心がけていきたいですね。

ジンギスカン鍋の秘密

日頃のダイエットの息抜きとしてジンギスカンを食べに来てみたはいいものの、
なんだか鉄板はギトギトしてるしてっぺんに油の塊乗ってるし本当にヘルシーなの?と不安になってしまった方。

大丈夫です!

ドーム状の鉄板に溝がたくさん走っているジンギスカン鍋。

この形のおかげで鉄板からどんどん下の溝に油が落ちていくのです。

フライパンで焼くように、お肉から滲み出た油がお肉自体に絡まってなんだか脂っこくなっちゃった・・・
なんてことにはなりません!

安心して食べちゃいましょう!

さらに、ジンギスカン鍋には野菜を美味しくたっぷり食べられる効果もあります。

溝を伝って落ちた油や肉汁が周辺の掘り部分に溜まり、そこで火が通ったもやしやピーマンの味は格別!

肉の旨みを野菜がしっかり吸い込んでくれるのです。

普段の網や鉄板の焼き肉ではついつい箸が進まないお野菜がモリモリ食べられちゃいます!

また、お店によってはジンギスカン鍋の溝に穴が空いているタイプもあります。

穴が空いていてもいなくても、しっかり脂を切ってくれる効果は同じです。

穴あきタイプは落ちた油が炭で燻されて肉に香りがつく、
穴のないタイプは七輪に油が落ちないため汚れにくく煙が出づらいというメリットがあります。

どちらで食べても美味しくてヘルシーなので、もしジンギスカン鍋を買っておうちBBQしよう!とお考えの方は好みの方を選んみてくださいね。

まとめ

しっかり食べてもローカロリーで栄養豊富、ジンギスカン鍋で焼けば不足しがちな野菜までたっぷり食べられちゃうラム肉の魅力、お分かりいただけましたか?

ダイエットを頑張っている方もそうでない方も、日頃の自分へのご褒美として、
ラム肉を食べにジンギスカン屋に足を運んでみてはいかがでしょうか?

ジンギスカン鍋は市販されているので、匂いも気にせず外で仲間とジンギスカン!というのも楽しいですね。

ぜひお店で、おうちで!
ラム肉を食べてくださいね!

生ラム本舗の情報はこちら!

SNS一覧

SNS各種お得な最新情報配信中!

お店の情報はこちらへ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

生ラム本舗のWEB担当です。札幌でジンギスカン屋を初めて6年目になります。
観光客はもちろん知らない、観光ガイドになんて絶対に載らない、札幌市民でも用事がなければ絶対に来ない街、【澄川】と言うローカルな街で、地元民に愛される穴場のジンギスカン店を経営しております。

コメント

コメントする

目次