札幌澄川の穴場ジンギスカン専門店生ラム本舗で食べられちゃうお肉の徹底解説&焼き方講座!【お肉編】

目次

札幌の端っこにある穴場の名店生ラム本舗

生ラム本舗は北海道札幌市南区澄川にあるジンギスカン専門店です。

ジンギスカン専門店が多く並ぶ札幌市中央街から少し外れたところにあり、名の知れたお店ではありませんがお味はしっかり保証できるまさしく穴場の名店と言えるでしょう。

有名店のジンギスカンは食べ尽くしてしまった方、あまり知られてないけど美味しいお店に行ってみたい方、中央街だけでない札幌の街にも行ってみたい方にぜひおすすめできるお店です。

また、他店ではなかなか頂けないラム肉のハンバーグやチョリソー、大きなフランクなどラムの加工肉も取り揃えています。

当記事では当店で食べることのできるお肉の解説ということで、お肉の特徴から焼き方、お味のレビューまで紹介していきたいと思います。

生ラム本舗で食べられるお肉

生ラム本舗で食べることのできるお肉は

  • 上生ラム(肩ロース)
  • 生ラム(ショルダー)
  • 昔ながらのジンギスカン(ラムロール)
  • ラムタン
  • 厚切りソルトラム
  • マトンロース
  • ラムボーン

以上7種類です。

肩ロースやショルダーをメインにいただき、その他は気になるものを注文するスタイルのお客様が多い印象ですが、もちろん自由に気になるものを召し上がっていただくのが1番の正解ですよ。

ではお肉の特徴と焼き方、そのお味を見ていきましょう。

上生ラム(肩ロース)

札幌の穴場ジンギスカン生ラム本舗の肩ロース

肩ロースとは肩から背中にかけての部位で動きも伴う場所なので旨味が強く、とろけるような舌触りというよりは柔らかな食感を楽しむことのできるお肉です。
イメージとしては首と肩の間のお肉ですね。

上生ラムはラムの中でも高級とされる部位で、旨味がたっぷりの赤身とお肉の甘みを味わえる脂身のバランスがちょうどよく、柔らかくジューシーな肉質が特徴です。

お肉一枚が大ぶりで満足感を得ることができますよ。

肝心の焼き加減ですが、焼く準備が整ったジンギスカン鍋にお肉を乗せ、程よいタイミングまで待ちます。

上から見て縁まで色が変わってきたらひっくり返し、両面に焼き色をつけていきましょう。

表面から肉汁が溢れてきたら食べごろ。
ちょうどミディアムレアくらいになっているはずなのでタレや塩につけて頂いちゃいましょう。

もちろん焼き加減はお好みなので、しっかり焼きたいという方はもちろんそれでOKです。
ただし、焼きすぎると水分が抜けて硬めの仕上がりになってしまうので、いつもの焼き加減よりほんの少し早いかな?くらいをおすすめさせて頂きます。

生ラム(ショルダー)

ショルダーは文字通り肩のお肉ですが、肩ロースとは異なり小さな筋肉が集まった部位です。
肩ロースは同じ肩(ショルダー)という言葉を使いますが、ショルダーはどちらかといえば脚側の肩、肩ロースは背中や首側の肩を示しており、肉質は全く異なります。

仕入れの際は少々筋が多く、食べやすいよう処理をするため形状に個体差が出やすいです。

画像をご覧いただくとわかりやすいですが、肩ロースよりも赤身感が強く旨味とコクがしっかりとしています。

とはいえボソボソしているかと言ったら決してそんなことはなく、こちらも脂の甘み・赤身の旨味をしっかり感じられ、肩ロースほどではないにしても充分柔らかなお肉です。

さて焼き方ですが肩ロース同様鍋に置いてから縁が白くなるのを待ち、ひっくり返して肉汁が滲み出てきたら食べ頃です。

固くなりやすいので焼きすぎには注意してくださいね。

つい楽しみで鉄板に並べすぎてしまい、食べるのが間に合わない!お皿にあげてお肉が冷めちゃうのも嫌!という場合は鍋に乗った野菜の上に避難させましょう。
適度に温度を保ちつつ、焼けすぎるのを防いでくれますよ。
もちろん焼き立てが一番美味しいですが、慌てて食べてしまってはもったいないのでゆっくり味わいながら食事を楽しんでくださいね。

昔ながらのジンギスカン(ラムロール)

ラムロールは小さなお肉をロール状に形成して凍らせたものを薄くスライスしたお肉です。お店や人によっては丸ラムなどと表現する場合もあります。

凍った状態がデフォルトなので、そのまま鍋に乗せて火を通してくださいね。

昔からジンギスカンを食べていた方はかつてのイメージが強く、ロール肉は臭くて固くて食べにくい、あまり美味しいと思えないと考える場合があるようですが、
今では冷凍・輸送技術の発達と、マトンなどを混ぜずにラム肉だけを使用したラムロール肉の流通によりずっと食べやすく、美味しいお肉になりました。

ラムの様々な部位を用いているため部位はここ!とはっきり言えないお肉ではありますが、すでに紹介したお肉とはまた別の美味しさを感じる事ができます。

凍ってはいますが薄いお肉なので、すぐに火が通ります。
鉄板に乗せるとすぐに表面まで色が変わり始めるので、ひっくり返し、満遍なく色が変われば食べる事ができます。

肉質はしっかりとしていて歯応えがあり、あっさりといただけますよ。

ラムタン

札幌穴場のジンギスカン・生ラム本舗のラムタン

ショルダー、肩ロース、ラムロールはジンギスカン屋さんであればよく見るお肉ですが、ここからはちょっと珍しいお肉を紹介していきます。

牛タン・豚タンと同様子羊の舌がラムタンです。

比較的風味は強いですが、臭くて食べられないほどではありません。
ただ、初めてジンギスカンをいただく際に最初に食べると少しびっくりしてしまうかもしれないので、お肉で風味に慣れてからチャレンジするといいでしょう。

ムチッコリッとした食感で、さっぱり系のホルモンを彷彿とさせます。

脂感はほぼなく、あっさりといただくことができるので、ジューシーなお肉にの間に頂くと食感に変化が出て楽しみきることができます。

レモンや塩がよく合い、お酒のあてにもぴったりです。

固くなりやすいラム肉の中でも特に食感が悪くなりやすいお肉です。
両面をサッと焼いてその食感を最大限に楽しみましょう。

厚切りソルトラム

厚切りソルトラムは肩ロースを贅沢に厚切りにし、お店で提供される3種の塩で頂くお肉です。

厚切りになったことでより旨味と肉汁が閉じ込められ、さらにサイズのおかげで迫力満点・食べ応え満点。
まるでステーキのような厚み・サイズ感のお肉をラムで楽しむことができますよ。

まずしっかりと片面ずつこんがりと焼き目をつけ、中まで火が通るのを待ちます。

厚いお肉ですので時間がかかります。じっくりと待ちましょう。

ちょっとしたコツですが、ジンギスカン鍋はてっぺんに近ければ近いほど温度が高くなっていきます。
ですので、こんがりと焼きたい時は鍋のてっぺんで、じっくりと焼きたい時は鍋の低い位置で焼くと上手に焼くことができます。

当店の卓上にはハサミが用意してあるので、食べやすい大きさに切ると食べやすい大きさにできつつ、火の通りをチェックすることができます。

断面がほんのりピンク色で透明感がない状態だと最高の焼き加減です。
もし生っぽいな、もう少し焼きたいなと思ったら、引き続き焼いていきましょう。
カットした後だと火の通りも早いのですぐに頂く事ができます。

マトンロース

札幌穴場のジンギスカン・生ラム本舗のマトンロース

マトンロースはあっさりとした赤身のお肉です。

そもそもマトンとはラムよりも成長した羊のお肉で、
ラムは生後12ヶ月未満、マトンは生後1年以上の羊のお肉を指します。

牛などと同様に、成長すればするほど特有の風味は強くなるので、ラム肉と比較すると香りが強く、赤身感が強くなります。

こちらもジンギスカンに慣れない方は食べやすいお肉からスタートし、慣れてからチャレンジするといいでしょう。

逆にしっかりと羊肉を食べたい!という方には特にお勧めできます。

焼き加減は特にサッと!
生部分がなくなるギリギリのタイミングを見極めてください。

最高のタイミングで頂いたお肉は噛んだ瞬間ジュワッと肉汁が滲み出てきます!
柔らかいお肉はもう充分食べた!という方はぜひこちらを食べてみてくださいね。

この最高の瞬間の寿命はとても短く、焼きすぎると繊維感を感じるお肉になってしまうので、食べるときは一気に並べすぎないで、少しずつ焼くことをお勧めします。

ラムボーン

さて、最後にご紹介するのはラムボーンことラムチョップです。

ラムのロース肉をあばらごとに切った骨つき肉です。

骨がついたお肉は贅沢な気分になって美味しいと感じがちですが、実際骨から旨味が滲み出て肉に移り、より美味しいそうなのです。

さて、こちらのお肉想像より厚い、もしくは大きいです。
なぜバラつきがあるかというと、やはり骨がつくと個体差が大きく出るのです。

小ぶりでも厚く、薄い時は大判にカットしているのでどんなお肉が出てくるか楽しみですね。

さて、分厚いお肉がきた場合は、縁に並んだお野菜をちょっと空けて、脂身をこんがり焼くためそこに立てておきましょう。
大判なお肉が来た場合はこの工程は飛ばして大丈夫です。

脂身に焼き目がついたら表裏にも焼き目を入れていきます。

じっくりじっくり中まで火が通るのを待ちましょう。

厚切りソルトラムもそうですが、焼くのに時間がかかる部位は早めに注文し焼き始めましょう。
最後のメインディッシュにしようと最後に注文すると焼くのが大変です。
中盤頃に注文して、他のお肉を食べながらお待ちください。忘れた頃に焼き上がりますよ。

厚いので焼きすぎて固くなりすぎた!ということはありませんが、やはり断面が透明感のないピンク色になっていたら最高の食べ頃です。

カリッとした表面の食感と中から滝のように溢れる肉汁をお楽しみください。

まとめ

いかがでしたか?

生ラム本舗で取り扱っているお肉の特徴がお分かりいただけたと思います。

焼きメニューは今回ご紹介した以外にラムの加工肉があるのですが、それはまた次回の記事でご紹介したいと思います。

美味しそう!食べてみたい!と思った方はぜひ、当店生ラム本舗へお越しください!

ご予約いただければスムーズにお席にご案内できますよ。

皆様のお越しを心よりお待ちしています!

生ラム本舗をもっと知りたい!

最新情報はSNSをチェック

クチコミ・ご予約はグルメサイトをチェック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

生ラム本舗のWEB担当です。札幌でジンギスカン屋を初めて6年目になります。
観光客はもちろん知らない、観光ガイドになんて絶対に載らない、札幌市民でも用事がなければ絶対に来ない街、【澄川】と言うローカルな街で、地元民に愛される穴場のジンギスカン店を経営しております。

コメント

コメントする

目次