ゴールデンウィークに北海道旅行!地元民が認める絶対食べるべき札幌グルメをまとめてみた!

目次

10連休!2022年のGWは超大型!

新型コロナウイルスの猛威が落ち着きを見せ、蔓延防止措置や非常事態宣言という言葉も随分長く聞かなくなってきたように思います。

これを機に北海道旅行へ行ってみよう!と計画していた方も多いのではないでしょうか?

北海道といえば食の宝庫。
調べるうちにあれこれ目移りしてどこがいいのかわからなくなっちゃった!なんてことになってしまいがちですよね。

それに、どうせなら観光客向けのお店で満足せずに、地元民が行くような本当に美味しいお店を知りたい!

そんな方のためにちょっとマニアックだけど美味しいお店をお料理ごとにまとめてみました。

今回は札幌市内に限定しているので、札幌市滞在中にぜひ立ち寄ってみてくださいね。

札幌グルメその1:スープカレー

スープカレーはご存知ですか?カレー味のスープに野菜がゴロゴロ入ったご当地グルメです。

本州から旅行に来た方で、要はシャバシャバしたカレーでしょ?そんなん無理、などと言っていた人もいましたが、いざ食べてもらうとその評価は一転。

今では進んで本州のスープカレー屋さんに足を運んでいるそうです。

カレーを伸ばしたもの、というよりスパイスの効いたスープとして完成しているのです。
食わず嫌いせず、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

それではお店を紹介していきましょう。

シンプルな味わいの薬膳カリィ アジャンタ

とりなすかりぃ1,300円

シンプルな鶏の旨味を堪能できる薬膳カリィです。

スープは1種類、辛さもテーブルのスパイスで自ら調整するスタイルです。

普通のお店では1本であることが多いチキンレッグが贅沢にも2本入り。誰しもがお腹を膨らませて帰路に着くことでしょう。

具材もスープも至ってシンプル。
だからこそ本来の食材の旨みを味わい尽くすことができます。

スープカレーの元祖を称しているため昔ながらの飾らないスープカレーです。
薬膳としての風合いが強く、そのような味付けが好みの人であればハマること間違いなし。

現在札幌グルメとして定着した、ブイヨンスープと薬膳、スパイスを掛け合わせたスタイルの開発はこのアジャンタさんがルーツなのだとか。

店舗情報

アジャンタ総本家
札幌市東区北23条東20丁目2−18(元町駅から徒歩5分)
011-784-8910
午前11:00~スープ品切れまで
午後17:00~スープ品切れまで
※15:00~17:00は昼休憩

旅立つような辛さが癖になる マジックスパイス

チキン950円

ド派手な外観が目を引くマジックスパイス。こちらはなんとスープカレーの名付け親です。

一般的なスープカレーは彩のいいごろっとした野菜が特徴的ですが、こちらは細かく刻んだ具材が特徴です。

細かく刻んであるため、どこから掬ってもたっぷりの野菜がスプーンに山盛りになります。
爽やかなスパイスの香りと相まって、なんとも体に良さそうなお味。

辛さが選べるのですが、辛いものが得意な方はぜひしっかりと辛くして食べてみてください。目が覚めるような辛さと味わいに癖になること間違いなし。

通常辛さは数字で表されますが、こちらは覚醒、瞑想、悶絶、涅槃、極楽、天空、虚空という独特な表記を用いています。

辛さにそこそこ自信があって、初めて食べるという方は涅槃や極楽がおすすめですが、ぜひその真髄を味わいたい!という方は虚空にチャレンジしてみましょう。

実はレトルト版が売っているほどの有名店です。
食べ損ねてしまった時やお土産にしたい時はぜひお買い上げくださいね。

店舗情報

マジックスパイス札幌本店
札幌市白石区本郷通 8丁目南6-2(南郷7丁目駅から徒歩4分)
011-864-8800
[月・火・金] 11:00~15:00 17:30~22:00
[土・日・祝] 11:00~22:00
定休日水木

札幌グルメその2:回転寿司

たかがチェーンの回転寿司と侮るなかれ。そこはやはり北海道クオリティ。

大ぶりで新鮮なネタに驚く方も多いのではないかと思います。

ちょっと飲みながらお寿司を軽く食べたいな、という時にも気軽に立ち寄れるのが回転寿司のいいところ。

高クオリティかつサクッと食べられる回転寿司に舌鼓を打ってみてくださいね。

大ぶりなネタに大満足 トリトン

サーモン209円

札幌市各地にチェーン展開するトリトン。

目の前で板前さんが握ってくれるお寿司なのでやはり100円寿司とは違います。

何より驚きなのはそのネタの大きさ。写真では見切れてしまっていますが、お皿からはみ出るほどのサイズ感です!

一口で食べるのがちょっと大変なくらいなので、その満足感はひとしお。

お昼時は並んでいる場合が多いので、時間に余裕を持って行ってみるといいですね。

今は感染対策か回っているお寿司を取るというより、オーダーしたものを一つ一つ作ってもらうのが主要なスタイル。
紙に書いて板前さんにお渡しするので、飛沫等の心配もありません。

店舗情報

トリトン北8条光星店
札幌市東区北8条東5丁目19-1
011-374-8666
11:00〜22:00

※札幌駅から最寄りの店舗をご紹介しました。
札幌に多数の店舗があるので、都合のいい店舗に足を運んでみてくださいね。

根室花まる

美味しい回転寿司と聞かれ、トリトンに並び名が上がるのがこちらのお店。

札幌駅に店舗があるのが高ポイントですね。

北海道産の生ほたてや、ほっき、つぶなどが楽しめます。
貝類以外にも肉厚で大ぶりなネタがずらり。

上質で大きなネタのおかげで満足度は抜群。

北海道ならではの価格で上質なお寿司が気軽に食べられるので、足を運ぶ価値あり。

並ぶ際も整理券発行なので、接触が少なくていいですね。電話番号を登録すると、呼び出し前に電話がかかってくるので、少し散策するのもいいでしょう。

オーダーももちろんオーダー用紙制です。

店舗情報

根室花まるJRタワーステラプレイス店
札幌市中央区北5条西2丁目 札幌ステラプレイス センター 6F(札幌駅直結)
011-209-5330
不定休(ステラプレイスに準ずる)

※札幌駅から最寄りの店舗をご紹介しました。
札幌に多数の店舗があるので、都合のいい店舗に足を運んでみてくださいね。

札幌グルメその3:ジンギスカン

さて絶対に外せないのがジンギスカン。
北海道グルメと聞いて真っ先に浮かぶのがジンギスカン!という方も多いのではないでしょうか?

そんなジンギスカンですが、実はタレに漬け込んだタイプとタレを後付けするタイプがあるのをご存知ですか?

当時風味が強く食べづらかった羊を食べやすくするため、タレに漬け込んで臭みを無くしたのを由来にした味付きジンギスカン、新鮮なお肉を臭みが出る前に焼いてタレに潜らせ頂く生ラムジンギスカンの2種類です。

初めてで美味しく食べられるか自信がない…という方にも美味しく召し上がっていただけるようなお店を選んでみました。

色々食べられるのが売り! 生ラム本舗

札幌の穴場生ラム本舗ジンギスカン

早速当店のご紹介をさせていただきます。

当店の特徴として言えるのが、臭みが少なく食べやすい生ラムと、ラム加工品メニューの多彩さです。

ジンギスカンを躊躇してしまう理由として、口に合わなかったらどうしよう、という懸念が大きいかと思います。

確かに、旅行中の食事は大切だし、自分だけならまだしも同行者が気に入っているのに自分が食べられなかったらちょっと気まずくなってしまいますよね。

ジンギスカン専門店となると、他のメニューが揃ってないことも多いし…と心配されている方、大丈夫です。
当店にはラムとスパイスをブレンドしたラムハンバーグや長さ30センチ程度になる大きなラムフランクなど、誰もが食べやすい商品を揃えています。

肉をそのまま食べるのに抵抗があっても、加工品から食べ始めればスムーズに慣れていくでしょう。

ラムとは関係なく、塩豚ホルモンやポテトフライといった商品もあるので、きっと何か気に入るメニューがあるはず。

もちろんジンギスカン大好き!といった方にもご満足いただける、大ぶりで柔らかい上質なラム肉をご提供しています。

タレは社長自ら考案したオリジナルタレを使用しています。
当店でしか味わえない秘伝の味をぜひ!

店舗情報

ジンギスカン専門店生ラム本舗札幌澄川店
南区澄川4条2丁目10-19(澄川駅より徒歩3分)
011-598-0293
17:00~23:00
月曜定休

小道の奥の隠れたお店 ジンギスカンアルコ

もう少し中央よりのお店がいい!というときは「ジンギスカンアルコ」がおすすめ。

本当にここにあるの?というような、少し入ったところにあるので見逃してしまわないよう注意が必要です。

建物の奥に入っていくと、右手にアルコの文字。

こちらは生マトンが食べられるお店です。

お肉メニューはシンプルに「ジンギスカン」のみ。他にもおつまみや、羊の筋の煮込みなどが頂けます。

ジンギスカンを注文すると、さまざまな部位が食べやすくカットされた状態で出てきます。

焼いてタレに潜らせると、マトンであることを忘れるくらいの食べやすさ。

お好みで一味やおろしニンニクを加えて頂くのもよし。
お酒にもライスにも合う美味しいジンギスカンですよ。

人気店ですので、あらかじめの予約があると座れないということはないでしょう。

札幌グルメおまけ

ここからは北海道に来たからにはぜひ食べてほしいけど、旅行日程に入れるようなお店では無いかな?というものをご紹介します。

道民に愛されるコンビニ セイコーマート

北海道に存在するご当地コンビニ・セイコーマート。
オレンジの鳥のマークが目印です。

見たことの無いコンビニに入るのはちょっと躊躇われますが、ぜひ立ち寄ってみてください。

ちょっとした量のお惣菜やパスタが安い!そして味も申し分なし!

特に注目していただきたいのがパスタ等の麺類です。

種類にもよりますが、約150〜200gのしっかりした量で118円(一部商品を除く)。
飲んだ後のちょっとした小腹を満たすのにピッタリ。パスタやお惣菜をアテにホテルで軽く飲み直すのもいいでしょう。

そして忘れてはいけないのがホットシェフ。
セイコーマート内の出来立てコーナーで、暖かい状態のおにぎりや丼ものなどが頂けます。

おすすめはフライドチキン。
カップに入ったものをとり、設置されている蓋を自分で閉めてレジに向かうのがお作法です。

他のコンビニのように柔らかジューシーというタイプではなく、カシッとした噛みごたえの衣と、しっとりした肉部分のバランスが最高です。

特に皮が剥がれて皮の唐揚げのようになってしまった部分。ずっと噛み続けてビールのアテにしたいお味です。

コンビニでしょ?と侮らずに、ぜひちょっとしたお時間にお立ち寄りください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は旅行まとめサイトには取り上げられ辛いけど、ぜひ食べていただきたい札幌グルメをご紹介しました。

札幌には美味しいグルメがたくさんあるので、迷ってしまいますよね。

皆様の旅行がより良いものになるお手伝いができたら幸いです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

生ラム本舗のWEB担当です。札幌でジンギスカン屋を初めて6年目になります。
観光客はもちろん知らない、観光ガイドになんて絶対に載らない、札幌市民でも用事がなければ絶対に来ない街、【澄川】と言うローカルな街で、地元民に愛される穴場のジンギスカン店を経営しております。

コメント

コメントする

目次